イーシティさいたま 記事ページ

埼玉の世界一を体験!「パレオパラドキシア〜大野原標本発掘から40年〜」

かつて秩父に存在した海、“古秩父湾”。
約1700万年前に誕生し、1500万年前に消滅したこの埼玉の海には、謎の生物「パレオパラドキシア」をはじめ、ヒゲクジラやイルカ、セイウチの仲間など、現在の海の哺乳類につながる多くの生き物たちが生きていました。

パレオパラドキシアの全身骨格化石として、世界で2番目に発見された大野原標本の発掘から今年で40年。その間にもう1体の全身骨格化石である般若標本を含む、多くの化石が発見され、今では埼玉県はこの化石の世界一の産地となっています。

大野原標本、般若標本はともに埼玉県の天然記念物に指定されており、本展覧会では、2体の全身骨格実物化石を同時公開。パレオパラドキシアの進化と生態、そして“古秩父湾”に生きた生物を多くの実物化石を中心に紹介します。

ぜひ、埼玉の世界一を体験してください。


◯開催期間 平成27年9月19日(土)〜 12月27日(日)
 開館時間 9:00〜16:30 
 休 館 日 月曜日(祝日は開館)
 観 覧 料 一般200円 高校生、大学生100円
      中学生以下、障碍者手帳をお持ちの方は無料

このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックすると元画像が表示されます)
開催場所 埼玉県立自然の博物館
主催団体 埼玉県立自然の博物館
TEL 0494-66-0404
URL http://www.shizen.spec.ed.jp/?page_id=130
団体分類 行政
地域大分類 秩父地方
地域小分類 秩父郡長瀞町
対象ステージ 指定なし

−ブログパーツ−

自分のブログに貼り付けて紹介することができます。コピー&ペーストでご利用ください。

テキスト フレーム

このニュースをモバイルサイトで見る

埼玉の世界一を体験!「パレオパラドキシア〜大野原標本発掘から40年〜」

http://www.ecity.ne.jp/i/article/index.aspx?k=1759

PR

−地図情報について−

イーシティ埼玉では、無料情報表示に Google Maps のAPIを使用しています。

そのため、表示された場所が、市街地で1ブロック程度、山間部で数百m程度、実際と異なることがあります。

正確な所在地は、記載された連絡先にご確認ください。

より正確な情報提供に努めておりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

この記事へのコメント(0)  平均評価(0)

この記事へコメントする

評価
お名前
(25文字以内)
コメント
(1000文字以内)
認証

画像に表示されている文字を入力してください。

画像認証

(大文字と小文字は区別されません。)