イーシティさいたま 記事ページ

下總皖ー音楽賞受賞者による「県民の日コンサート−埼玉から世界に響き渡る珠玉の音色を−」観覧希望者を募集します。

 埼玉県では、11月14日(水)の「県民の日」に、平成29年度下總皖一(しもおさかんいち)音楽賞受賞者による「県民の日コンサート−埼玉から世界に響き渡る珠玉の音色を−」を開催します。
 今回は、ヴァイオリン奏者として長年ロンドンを拠点に演奏や教育など多彩な活動を繰り広げている相曽賢一朗氏と、マリンバ奏者として名実ともに我が国の第一人者であり、武蔵野音楽大学特任教授の高橋美智子氏が出演します。
 第1部は「相曽賢一朗ヴァイオリンリサイタル−世界の名曲を集めて−」、第2部は高橋美智子プロデュース「武蔵野音楽大学パーカッションの饗宴」です。お二人による分かりやすい曲目解説を交えながら、珠玉の音色をお届けします。
 入場は無料ですが、事前申込が必要です。皆様の申込みをお待ちしております。

● 「県民の日コンサート」の概要

1 日時、会場
   平成30年11月14日(水)開場17:30 開演18:00
   埼玉会館大ホール(JR浦和駅西口徒歩6分)

2 プログラム
◆第1部 相曽賢一朗ヴァイオリンリサイタル−世界の名曲を集めて−
 【出演】相曽賢一朗(ヴァイオリン・ヴィオラ)      
 【他の出演者】ヴァレリア・モルゴフスカヤ(ピアノ)
◆第2部 高橋美智子プロデュース「武蔵野音楽大学パーカッションの饗宴」
 【出演】高橋美智子(MC)   
 【他の出演者】橋治子(マリンバ)、石川和男(ピアノ)、
        古家啓史(マリンバ)、柏ア康平(パーカッション)、
        菊地優(パーカッション)、中村倖大(パーカッション)、
        星健太(パーカッション)

3 入場料
   無料(全席自由・要入場整理券)

4 観覧申込み
 【申込期間】受付開始:9月14日(金) 締切:10月15日(月)必着  
 【定員】1300人
 【申込方法】
  ・はがき、FAX、メール、当課ホームページから電子申請で受け付けます。
  ・お申込みは代表者を含む4名様まで可能です。   
  ・代表者の氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号、観覧希望者全
   員の氏名(ふりがな)を明記してください。
   ※ 申込多数の場合は抽選を行います。当選されたグループの代表者の
    方へ11月2日(金)までに入場整理券をお送りします。

5 主催者等
   主催:埼玉県 共催:(公財)埼玉県芸術文化振興財団
   後援:埼玉県教育委員会

6 お問合せ、申込先
   埼玉県県民生活部文化振興課「県民の日コンサート係」宛
   住 所 〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1
   FAX 048-830-4752
   電子申請は下記ホームページから御利用いただけます。
   http://www.pref.saitama.lg.jp/a0305/kenmin-concert.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックすると元画像が表示されます)
開催日時 平成30年11月14日(開場17:30、開演18:00)
開催場所 埼玉会館大ホール
主催団体 埼玉県
担当者 埼玉県文化振興課
TEL 048-830-2887
FAX 048-830-4752
メール a2875-04@pref.saitama.lg.jp
URL http://www.pref.saitama.lg.jp/a0305/kenmin-concert.html
団体分類 行政
対象ステージ 指定なし

−ブログパーツ−

自分のブログに貼り付けて紹介することができます。コピー&ペーストでご利用ください。

テキスト フレーム

このニュースをモバイルサイトで見る

下總皖ー音楽賞受賞者による「県民の日コンサート−埼玉から世界に響き渡る珠玉の音色を−」観覧希望者を募集します。

http://www.ecity.ne.jp/i/article/index.aspx?k=1861

PR

−地図情報について−

イーシティ埼玉では、無料情報表示に Google Maps のAPIを使用しています。

そのため、表示された場所が、市街地で1ブロック程度、山間部で数百m程度、実際と異なることがあります。

正確な所在地は、記載された連絡先にご確認ください。

より正確な情報提供に努めておりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

この記事へのコメント(0)  平均評価(0)

この記事へコメントする

評価
お名前
(25文字以内)
コメント
(1000文字以内)
認証

画像に表示されている文字を入力してください。

画像認証

(大文字と小文字は区別されません。)