株式会社鈴木商店

『農畜産物』から『食品』へ

食料品

bar

会社の概要

鈴木商店は昭和25年、鈴木卯之吉により設立されました。 以来、養鶏発祥の地・越谷に本拠を構え、養鶏業を中心とした農業に従事するみなさまに向けて、雑穀・飼料・肥料、そして鶏卵の取り扱いを通じて、長年にわたり貢献させていただいております。

bar

会社のコンセプト

ココがPoint

鈴木商店が創業以来一貫して追求しているのは「農業の自立」
国の補助金や助成金に頼ることなく、自分たちの力で自分の足で歩いていく。 農業を一つのビジネスとしてとらえ、自立した事業として成立させていきたい。 そんな思いを胸に日々努力を続けてまいりました。
我々が取り組んできたのは、生産者である農家の皆様と、消費者やユーザーの皆様を結ぶ流通システムの効率化。養鶏家の皆様へ飼料を供給し、生産された鶏卵をスーパー等の需要家に向けて販売する。養鶏によって発生した鶏糞は、有機肥料として流通させる。こうしたムダのない、一貫した生産・流通システムの構築により、生産者にも消費者にもメリットを享受できるようになりました。
私たちはこれからも「農業の自立」をキーワードに、農業経営に貢献できる企業を目指します。 その為に私たちは今後、流通経路の開拓や直営農場の経営といった現業をさらに深めていくと同時に、新規事業を推進していきます。消費者に貢献する生産者グループの要として、価値ある商品とサービスを提供できる企業として、みなさまと共に成長し、 日本の農業の未来を、明るくしていきたいと、心から願っております。

bar

会社のアピール

ココがPoint

<企画力> 地養卵に代表される鈴木商店が開発した商品群は、おいしさや安全性の面からより付加価値の高い商品として消費者からの根強い支持をいただいています。
<品質管理> 食品を扱う企業にとって、新鮮さの維持、安全性を確保するのは至上命題の一つ。 創業の頃から商品の品質に対する意識は常に高く維持してまいりましたが、品質管理の世界基準「HACCP」の認証を日本マクドナルド(株)より取得。 その品質管理体制の組織的な強化を目指して平成8年にはQA部を発足させ、品質・衛生管理には万全の体制で臨んでいます。
<物流体制> GPセンター、割卵工場等、当社は昭和40年代頃から積極的に設備投資を行い、鶏卵の流通・販売に特化した物流体制の構築にも力を注いできました。 特にGPセンターに設置された洗卵選別機などの設備は、品質管理に大きな力を発揮すると同時に、鶏卵の安定供給と納期の遵守を可能にします。 私たちは新鮮でおいしいたまごを消費者やユーザーのみなさまに提供できるよう、日々努力を続けています。

bar
企業データ
会社名 株式会社鈴木商店
住所 〒343-0825 埼玉県越谷市大成町6-132-1
電話番号 048-985-4147
ファックス 048-986-5199
設立 平成12年11月1日(昭和25年3月10日創業
従業員数 33名(女性16名・男性17名)
県内事業所 鶏卵GPセンター・割卵工場・越谷営業所・東町肥料倉庫
業種 食料品
業種内容 雑穀・飼料・肥料(化学肥料・鶏糞・堆肥)の販売、
ホームページ http://www.suzuki-shouten.co.jp/
更新日 2010/03/11 16:56:23
検索ページに戻る