10労働保険・社会保険

この項目で学ぶこと
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 健康保険・厚生年金保険
彩ちゃん
「労働保険・社会保険」とは一般的に
雇用保険、労災保険、健康保険・厚生年金保険の4種類のことを言うのよ。

雇用保険とは、労働者が失業した場合に生活の安定と就職の促進のための失業等給付を行う制度です。

学くん
雇用保険って正社員だけの制度なの?
彩ちゃん
正社員以外も加入できるわよ。
解説
雇用保険

労働者が失業した場合に、生活の安定と就職の促進のための失業等給付を行う制度
です。一般保険料は被保険者(労働者)と事業主で負担します。
労働者を雇用する事業所は、原則として規模や業種を問わず全面適用され、そこで
働く労働者は、原則全員被保険者となります。
パートタイム労働者については、次の1及び2の適用基準のいずれにも該当する
ときは、被保険者となります。

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
  • 31日以上引き続き雇用が見込まれること。

求職者給付のうちの基本手当が、いわゆる失業手当に当たります。
基本手当の給付日数は、年齢、被保険者であった期間及び離職理由に応じて90日
から360日までの違いがあります。
自己都合退職等の場合、3か月間の給付制限があります。

TOPへ戻る

労災保険は、業務が原因の労働者のケガ、病気、障害、死亡、又は通勤途中のケガ等に対して国が必要な給付を行う制度です。

彩ちゃん
労災保険が適用になるのは、例えば勤務中にケガした時!
ケガで働けない時に、保険に入っていることで、国が治療費を払ってくれたり、
給料の一定割合を支給してくれたりするのよ。
学くん
それもすごく助かるね!
彩ちゃん
それに、通勤途中に起こった交通事故などにも適用されるわ。
解説
労災保険

労災保険は、労働者災害補償保険法に基づき、労働者が業務上の事由や通勤によって負傷したり、疾病にかかった場合や障害が残ったり、死亡した場合に被災労働者及び遺族に対して必要な給付を行うことを主な目的としています。

  • 原則として、1人でも労働者を使用するすべての事業場に適用され、そこで
    働く人は、常用・臨時・パ-トタイム等の雇用形態に関係なくすべて
    適用労働者となります。
  • 保険料は、事業の種類に応じて定められた一定の割合をもとに、事業主が
    全額負担します。

TOPへ戻る

健康保険・厚生年金保険

学くん
業務外の病気やケガで治療を受けた時に使うのが健康保険で、
サラリーマンなどが老後に貰う年金が厚生年金保険でしょ?
彩ちゃん
そのとおり。加入要件には細かな決まりがあるわ。
解説
健康保険・厚生年金保険

すべての法人事業所又は常時5人以上を使用する個人事業所(農林水産業や
サービス業等を除く)に強制的に適用されます。
そこで働く人は原則これらの保険に加入しなくてはなりません。

保険料はサラリーマン等の場合、本人と会社が折半して払うことになっており、
その人の収入に応じて決定されます。

  • パートタイム労働者については、1日又は1週間の所定労働時間等が通常の
    就労者のおおむね3/4以上の場合、被保険者となります。
    なお、従業員501人以上の企業では、次の要件をすべて満たす方も
    被保険者となります。(平成28年10月以降)
    1.週の所定労働時間が20時間以上
    2.賃金が月額8.8万円(年収106万円)以上
    3.勤務期間が1年以上見込まれること
    4.学生ではないこと
TRY! 確認クイズ

1週間の労働時間が30時間のパートタイム労働者は雇用保険の対象外
である。

1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上引き続き
雇用が見込まれる場合はパートタイム労働者も雇用保険の対象
です。
answer

会社に聞いたら、労災保険に入っていないと言われた。

全事業所が労災保険の適用を受けます。
加入しなくてはなりません。
answer

TOPへ戻る